忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

正直下ネタは苦手だったりします。
エロスはまあよい。モツもよし。でも下はよろしくない。
似たように思えても色々と違いがあるのですよ!こいつがな。

容量・用法は適切に守らないとねと思いつつ感想開始。

・少年Y
なかなかに挑戦的なカラー見開きである。思い切ってるなぁ。

友達ができない人だと思われるのって確かに面倒くさいですよね。
まあ、しばらくしたら慣れますよ。孤独にも。ダメじゃん。
というか、孤独がどうとかいう話ではなくなっていた。
ワビコちゃんは可愛いのだが、そんなこと言ってる場合でもないな。

魂が天井につっかえるというのはそもそもどうなのだろうか。
一応皆天国に送ってもらえるということなのだろうか?
こんなところで地獄行きが発覚しても困りますけどね。

さて、このチョチョイのチョイスに正解はあるのだろうか?
1人選んだら他は死ぬとは言ってないし、適当に選んでもいいのかもしれない。
とりあえず続きが気になる作品でありますな。これからの展開に期待!

・やさい学園
さくらんぼちゃんは両側に移った時、分離しているのか・・・?

やさいとはあんまり関係ないが普通に友情を育んでいる姿は微笑ましい。
こういう友人は貴重でありますなあ。

・バキ外伝 創面
考えてみると、花山さんは何で学校に通うことにしたんでしょうな?
難破剛のように青春を送りたくなったわけではない様子。
それならば、こういう青い春も受け入れそうですし。
まあ、性格と職業柄簡単には受け入れれはしないのかもしれないが。
だからといってこの断り方はどうなのだろうか。うーむ。

・バキどもえ
ハルウララかと思ったらそうは言っていなかった。おるらァッッ!!
ふんどしは気に入ったようだし、他のも気に入る可能性はあるな。

・サンセットローズ
バグロスが兵を退かなかった場合、チェリーは撃ったのだろうか?
少なくとも撃ち殺すことはなかったと思うが、はてさて。

ハーティーハーティー。力強い元気。
サーティーサーティでもキャンディキャンディでもない。意地悪なんて気にしないわ。

バグロスの発言はどういう意味なんでしょうね。
しずくは本当にただのニセモノだったということなのか・・・それとも?

船のギミックは面白いですなぁ。
あの大量のカギはほとんどがダミーなのか、それとも他に使えるカギがあるのか。
船首が弓矢になったりするのはいかにもチェリー向けでいい感じ。
そういえばバグロスはこの船のことも知っていたようだが・・・

なんだか色々と伏線が張り巡らされてきましたな。先が楽しみだ!

・魔法少女・オブ・ジ・エンド
さすがに意思疎通ができる相手がでてくると話が進む。よい傾向だ。
しかし、何やら伏線めいた話がでてきましたな。
主人公・・・考えてみるとほとんど名前呼ばれてないな、貴衣。
何かあるみたいだが、とりあえず名前を皆に呼ばれるようになろうぜ。

倫太郎との共闘はなかなか意外な感じで面白い。
とはいえ、この男とこの後も行動を共にすることになるのだろうか?
こいつも何やら伏線系のキャラのようであるが・・・

この当たり方だと、少女の頭部に傷がついていないか心配である。
ともかく、ようやく話が大きく進展しそうで結構なことでございますなぁ。

・サイケデリック寿
突然のヅラ。これは色々と衝撃的。
まあ、ことぶきちゃんは基本的になんでもありですから!

・みつどもえ
友情1番を目指してジェラるのも1つの形だよね。なんのだよ。

口にものを入れたまま固まるのはなかなかに大変だ。
ポロリと零れて杉ちゃんにかかる可能性がある!
まあ、杉ちゃんならいいのか・・・な?

きっちり付き合ってるおがちんたちが素晴らしい。これも魂の共有?

何か今回のふたばはやけに可愛い。
常時焦った顔をしているからなのか。それとも髪型が乱れているせいなのか?

幽霊が本当に裸族なのかどうなのか・・・
女性じゃなかった場合のことは考えたくないですね。うん。

・サクラサクラ
赤くなる桜子さん。素晴らしい。大好物です。

何故囲まれているのか。敷島さんはどういう存在なのか。
謎は謎だが謎のままでもいいと思わなくもなかったり。

敷島さんが喋れるようになったのはよかったのか悪かったのか。
まあ、話は転がしやすくなったかもしれない。ネコ可愛い。

いくらなんでも今回の春の胸の揉み方はわざととしか思えない。
と思ったが、何やら異変が生じているらしい。
これはそういうことなのか、どういうことなのか、どうなのか。
やたらと気になってしょうがないですな。

・クローズZEROⅡ
忠太の方が有名とは一体どういうことなんだよ。あーっ!?
多人数には敵わない辺り、微妙にリアルな話ですわな。

ビビッてもしょうがないとは思うが、まあ思うところは多いんでしょうな。
単純ではないというところか。

・ハダカノタイヨウ
神だ!漫画の神様がここに!
形から入るならやはりこのスタイルですよね。うん。
でも名前の元は別の先生に似てますね、天塚不ニ美さん。

感想のコメントがないって厳しいですよね。
施川ユウキ先生もボロクソの論評は覚悟したが、白紙が一番堪えてたみたいだし。

不二美さんは天才肌の少女なんですな。設定としては面白い。
が、不二美さんのおばさんがかなり気になるんですけど・・・出てくるのか?
どう考えてもその作品の元ネタってあれですよね。気になるわぁー。

・しこたま
2tキラーさん、前回甲斐甲斐しく、しこちゃんにプロテクターつけてると思ったら・・・
でもなんだか微笑ましいカップルになってますね。
ハッキリお色気系の漫画なのに男もイカしてる奴らが多いのがよい。
イカれてる奴らも今後増えていきそうな気はしますが。

3人のチームプレイがなかなかいい感じ。
やはりチームスポーツは連携が命ですよね。
本格的な野球の試合を始めるのはいつのことになるか分からないが!

・聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話 外伝
思った以上に強力なクルワッハの力。
さすがに神を名乗るだけの力であります。

予想通り、一度負けてからの再戦になりそうな様子。
ファリニシュにも活躍の機会があってなによりですな。

それにしてもバンシーか。これまた有名どころですね。
泣き叫ぶ声をレグルスはコピーできるのか!?
しても余り嬉しいものではない気がしますが。

魔術を学ぶレグルス。これはなかなか予想外の展開。
学問というよりは感覚による魔術っぽいし、レグルスならむしろうってつけか。
大事なのはセンスってことでしょうからねえ。

詳細な感想はこちら。後日書き上げます。
http://soutenshinshi.iza-yoi.net/manga/sakuhin/slc/sakuhin_slca2.html

・ブラックギャラクシー6
冒頭の女の人、意外といい人だったみたいですね。意外。

傘の話についてはある程度同意。
もう少しハイテクに防ぐ装置とか開発されないものだろうか。安全に。

・12月のゼファー
気合がからまわってのリタイヤ。こりゃキツイ。
推薦した監督が辞めることになったのも追い討ちか。こりゃキツイ。
そして連載終了。これが何よりキツかった。あらー。

兄が意外といい子で、復活を果たしてからはいい感じになっていた。
亘理はうざったかったが、その分フウがまともになってましたしなぁ。
最初から普通の性格であればまた違っていたかもしれないのだが・・・

残念な結果とはなりましたが、後半の感じで次回作を待っています。

・眠らないでタエちゃん
基本的に夜更かしして眠くなるタイプなんですな、タエちゃん。

ゲーム内では胸は控えめなタエちゃんでございました。
ゲームの中では理想も体現できるってことさ!

にしても、普通にファミコンが稼動しているとは・・・いい家だな!
わざわざワープを使わずに初代マリオをクリアしようという姿も粋である。

・スイソウ学のジジョウ
デートと言われたら少なくとも2人っきりを想定しますよね。サギだな、うん。

人によって入りやすさは違うらしい。
ふうむ。感受性が強い人とかが入りやすかったりするんですかねぇ。

吹作くんは母親似でございますな。よかったね。
でも父親もなんだかいい人でよかった。心温まるわぁ。

絵の魅力とキャラの良さ、話の纏まり。どれも素敵な作品でありました。
萩織章仁先生と山田こたろ先生の次回作に期待しています!

・Master Bean!
見開きのペンギンたちは迫力があってよかった。

しかし、この作者。下な話にいい話を混ぜるスタイルかと思ったが・・・
いい話成分を無くすとこうなってしまうんですな。うーむ。

・ブラック・ジャック創作秘話
普通に、刺すぞ!とか言葉に出てくる壁村編集長。さすがだ。
その壁さんにつっかかる阿久津邦彦さん。さすがだ。
というか、本当に濃い編集部でございますなぁ・・・素敵だ。

阿久津さんの放任主義はなんとなく今のチャンピオン編集の姿勢に思える。
結構好きにさせてもらえるって話は聞きますからねぇ。

壁村さんの教育方針もなかなか厳しいですな。
雑誌に載せて取り返しのつかない状態にしてから説教とは!
まあ、これによって磨かれた感性ってのもあるんでしょうねぇ。

全国のラーメン屋や喫茶店にチャンピオンが置かれる。嬉しい話である。
20万部が250万部になったというのだから、そりゃざまぁみろとも思うさ!
この輝きをまた取り戻せないものだろうか・・・私もざまぁみろと思いたい!

・別冊 木曜日のフルット
雑誌の類も残しておきたいものがあるので、種類は選んでください!
チャンピオンで爪を研ぐのはタブーですよ。イカ娘がキズモノに!?


ついに打ち切り作品が出てきてしまいました。
別冊はかなり作品が充実している感じはありますが、やはり新陳代謝は必要。
ここからどのように取捨選択がされていくのか・・・怖い話ではありますな。

さて、次号はFLIPFLOPs先生の革命的新連載が開始。楽しみだ。

そして、[肉蝕紳士][晩餐騎士]という読みきりが同時に掲載される。何、紳士!?
紳士も気になるが、最近の週チャン本誌の作品のおかげで騎士も気になる。
肉蝕とか晩餐とか、なんとも危うげな感じがしてたまらない。期待したいところです。


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク
最新コメント
[02/14 じん]
[02/14 蒼天紳士]
[02/11 じん]
[02/11 じん]
[02/06 蒼天紳士]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
蒼天紳士
HP:
性別:
男性
自己紹介:
好きな漫画雑誌は少年チャンピオン。
好きなゲ-ムジャンルはシューティング。
好きなアナログゲームはTRPG。
そんな一般人な管理人。

Twitterアカウント:@soutenshinshi
カウンター
広告
-
フリーエリア

ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 蒼天紳士録 All Rights Reserved