忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この月の号は各所で売り切れが続発したそうですね。
自分の行きつけの店でも最後の1冊となっていました。
その時は深く理由は考えなかったのですが、まさか付録のせいだったとは。
やはりソーシャルは強いという事でしょうか・・・

売れるのはいい事ですが、継続して買ってきた人が買えずにいることもある。
そう考えるとなかなかに微妙な感じがする付録でありましたな。
付録のシリアル目当てで買った人が今後も読者となってくれればよいが・・・
また同じことをやる場合は多目に刷るようにして欲しいものですな。

シリアルと言われても興味なければ食品としか思わないぜと言いつつ感想開始。

・クローズZEROⅡ
カッコイイところを見せたと思ったらあっさりやられる忠太。
しかもたいしたことないとか言われてしまう。なんてこったい。
そしていつまで源治はザコ呼ばわりされるのか。

咬みつきだってやり方によってはオシャレに・・・さすがに無理か!!

・サンセットローズ
サンはブルじぃのように人間とはまた違う種族だったりするのだろうか。
母親は普通の人間っぽく見えますがねぇ。
激道の向こう側は一体どんな世界が広がっていることか。楽しみである。

激道のしずくはこれで役割を終えたことになるのだろうか?
今後も似たような道の示し方をするのかもしれませんな。

ウブググが潰されてしまった・・・
他はともかくサンたちと一緒に行動していたのまでやられたのは切ない。
そんな三兄弟が港町にやってくる。嫌な予感しかしないがはてさて。
意外と普通の人間には優しいとか・・・ないかね?あってくれないかね。

しかしイカって空飛ぶんだ。
マリオで空中にゲッソーが出ていたのは間違いじゃなかったんだ!!
長い年月を経て今知る真実!!そりゃ大王イカも飛ぶさ!!

・REBOOT
やはり暴力事件&部活停止という流れですか。
この確執はかなり根深いこととなりそうですなぁ・・・

ズボラなヒロイン紗綾ちゃん。
可愛くはあるがこのズボラさは微妙なリアル差があってなんか凄い。
貼り紙持っていくのは迷惑なことこの上ないですけどな!!

邦光がこの学校を選んだ理由は入院したバァちゃんのためと分かった。
となると暴力事件も何かバァちゃんとの絡みがあるのだろうか?
元キャプテンには話を聞かれたわけだが、関係改善に繋がるのか・・・
早めに良い状態となることに期待したい。
現キャプテンの乾さんも良い人そうだし、うまくやって欲しいとこですな。

・サクラサクラ
タイトルがタイトルなだけに町の桜も年中咲いているようになってるのか?

橘先生は相変わらず反応が可愛い。
色々あったおかげでずいぶん桜子とも打ち解けた感じになってますしなぁ。
今後も恋愛関係で色々と手を尽くしてくれることとなるでしょう。
たぶん余計なことを色々やってくれるはずである。楽しみだ。

運輸業とネットで事足り、人が移動しなくなる世界。
地域格差は減りそうだが色々と弊害は出そうですなぁ。うーむ、難しい。

意識し合ってる状態で混浴露天風呂。刺激が強すぎませんかね・・・?
特に花坂くんは刺激に悩んでいる状態というのに・・・一体どうなるのか。

・セトウツミ
瀬戸と内海でセトウツミですか。瀬戸内海ですか。ふむ。
本当に男2人で喋ってばかりの漫画だが妙な雰囲気がある。
ネタが続けばこの雰囲気のままずっと行ってくれることとなるのだろうか。
地味に期待したいところである。

・ダーウィンズゲーム
なるほど。普通は備わった能力はすぐに自覚できるように出来てるんですね。
咬まれたことから生まれる抗うための「進化」の力か。
いよいよオーヴァードっぽくなってきましたね。
主人公の能力が一層モルフェウスシンドロームに見えて仕方がない。

やはりアプリのプロフィール画面には色々と情報が出る様子。
ゲームをやる時はこういう画面をよく参照するのが大事って話ですやね。
しかし所持シギルがエラーなのはどういう理由なのだろうか。

思ったよりも容赦のないシュカちゃん。ここでバトルになるとは・・・
負けたら死ぬことになるのだが、これは回避の方法もあるってことかね?
ポイントがあれば敗北の死も回避できる。有り得る話だ。
でないとこの2人のどちらかが早くも死ぬことになってしまうわけでして。
さすがにそれはないかにゃーってなもんである。

・ブラックギャラクシー6
今号から16Pに増えます。毎号2本立てだぜイエーイ。

ギドラはちょろいっすね。
ちょろさを利用してもっと恋多い女になってみるのもいいんじゃないすかね。
でも割と面食いそうな気がするんですよねこの子。

どうでもいいが紙袋に本を入れていると底が抜けるのが怖い。

2本目もギドラ主役回。
まあ確かにキャラが薄いと言えば薄いかなぁギドラ。
でも悪趣味系キャラとかも飽和状態ですし今更演じられましてもね。

今回のハリセンの言葉はなかなかに深い。
場の空気を考えず壊して周囲をひかせてまで得る個性でいいのか?
プラス個性とマイナス個性。得るのがマイナス個性で本当にいいのか?
個性的でありたいと考える人はこの辺りにも気を配ってもらいたいものです。

しかし成人式で暴れる連中も個性が欲しいと悩んだ末の行動だったのか・・・
そう考えると微笑まし・・・くはないな。うん。

・バキ外伝 創面
堂々と手を上げて道を横断する花山さん。歩道橋使え。
というかお婆ちゃんからして無理に横断しようとしてるしなぁ。
歩道橋はキツイのかもしれないが、信号のある道を使いましょう。
でも歩道橋しかない道も多かったりするしなぁ・・・区画整備が必要ですね!

半分だけのレディに火がついてしまった。
こ、これは一体どうなるんだ・・・?まさかのレギュラー化!?E~ッ!?

・バキどもえ
構えをマネできるのならトリケラトプスにも慣れると。なるほどー。
ならば勇次郎拳も使えたりするのだろうか。どうなのだろうか。
まあ、形を真似ても同じ力が手に入るわけではないしなぁ。

・少年Y
相変わらずの理不尽さ。
わざわざ家族情報まで伝達してくるのは嫌がらせとしか思えない。
まあ実際に嫌がらせなんでしょうけどね。うーむ胸クソ悪い。

92kgをひとりで運ぶとかどんだけ苦行なんだよ。
命の重さは確かに感じられるかもしれないが、これは大変すぎる。

正義なんて都合のいい言葉は使わない。
自身の意思で行う悪だと言い切るユズル。
ふーむ、なかなか成長した感じがありますねぇ。
さてはて、この言葉で多少は今後の展開に変化が見られることとなるのか。
カミサマとしてみれば開き直った子の決断とかは面白くないでしょうしね。

ユズルの姉は今後姿を見せる可能性はあるのか・・・地味に気になる!!

・みつどもえ
矢部っちはメガネスキーだったのか。
巨乳好きなのは知っていたがそういう属性持ちだから栗山先生目当てなのね。
だがもううまくいく可能性はなさそうだし諦めた方がいいのでは・・・

ポートボールは地味に得意な競技でありました。
というかゴールマンは結構重要なポジションなのに何故そこに・・・
なんだかんだでやる気が全く無いわけでもないのがひとはのよいとこですね。

・やさい学園
先生方は色々とキャラが立ってるなぁ。これが年季の違いか・・・!!

エリンギなどの他のキノコ類は出てこないことが確定してしまったか。
まあこれ以上キャラが増えて行ってもという気はしないでもないな。確かに。

・魔法少女・オブ・ジ・エンド
娘の部屋に乗り込んだ男に包丁突きつける父親。
ふむ。父親の態度としては間違っていませんね。え?
父親のお前らという言葉が非常に気になります。

10年後のバキはもう親父と闘っている。
そう言われての反応が「うそぉー!!?」というのがリアルというか。
確かにずっと戦わずにいるんじゃないかと思えたものなぁ・・・

しかし佇んでいたら美人のおねーさんに保護されるとか・・・
そんなイベントが起きる辺り、やはり貴衣は主人公体質・・・!!

倫太郎は一桁台の夜華さんにナイフ持って何をするつもりだったんだ・・・
さすがにフリーダム過ぎていけない。そりゃ時も巻き戻るさ。仕方ない。

・眠らないでタエちゃん
居眠りは目立つけど内職もどうなんでしょうかね。
いや、松戸さんにしてみれば任務を遂行しているだけなんでしょうけども。
しかしなかなかに扇情的な文章である。才能、か・・・

確かにワイヤーフレームを露わにされましてもなぁ。
勢いが余るのも問題って話ですやね。惜しい!!

・しこたま
ユナちゃんの活躍には期待していたが当面はお預けの様子。ふむ。

たまちゃんは意外と持ち球少ないんですな。
まあカーブとか使えてもしこちゃんが捕れるか分かりませんしね。

いきなり斬魏の過去話。でも結構いい話だったりするから困る。割と好き。
そしてポンセたちの手ヌキ絵も割と好き。可愛い。

それにしても若頭って役職名じゃなかったのか?
野球部に入る前からそう呼ばれているということは、まさか本名?
じゃ、じゃあ鉄砲玉やスナイパーも本名なのか実は・・・!?

さて、セットアップでのたまの投球はどのようなものとなるのか。
なんなら走られるの覚悟で全部ワインドアップで投げてもいいのでは?
打たれなければ進塁されても問題ないという考え方で。

・聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話 外伝
アヒンサーが力に目覚めたのかと思ったらアタバクの腕だったのかよ!!
その流れにはちょっとガッカリ。あっさり食われてさらに残念。

アタバクの理想はなかなかにデカイ。
冥界で堂々とハーデスを制しようとするなどとは・・・なかなかのものだ。
しかし襲われているイメージ図のパンドラがやけに可愛いっすね。

輝火の自責の念もかなり厳しいものがあるようですな。
アスミタが見せた幻覚というよりは自分が常に抱いている心情っぽい。

天舞宝輪!!!最大の奥義なのにこれでトドメをさした例がないという技。
はたして今回はどうなることか・・・

詳細な感想はこちら。後日書き上げます。
http://soutenshinshi.iza-yoi.net/manga/sakuhin/slc/sakuhin_slca2.html

・ハダカノタイヨウ
いきなりの時間経過!!
もしやと思ったらやはり最終回前という流れでありましたか。
しかし冥士さんがプロになるとはなぁ。意外だ。

少年誌だから魔法少女が魔法少年にされてしまう。うーむ、どうなんだろう。
チャンピオンならその辺りは余り気にしなくてもいいのではなかろうか。
ジャンプが混じった結果ということなのだろうか?
それでは冥士さんのいいところが出し切れないぞ!!

冥士さんの考えは気高いが、やはり多くの人に読んでもらう方がいい。
存在を知らないから売れていないという可能性だってあるわけですしね。
まずは多くの人に見てもらう。気に入ってもらえるかはそれからである。
チャンピオン作品全体に言えることでありますけどね。
とにかく知名度さえあればもっと読んでもらえるだろうに・・・!!

・ブラック・ジャック創作秘話
寝転んで枕に乗った状態での作画。
腰にはいいのかもしれないが、肩とかには負担がかかる体勢である。
自分がこの感想書いている時の構えなのでよく分かる体勢だ!!

月刊10数本の状態で週刊連載・・・まさに狂気の沙汰である。
そりゃ住み込みの内弟子も生まれるものでありますわな。

壁さんの胸ぐらを掴む手塚治虫。
凄い面白そうなエピソードなのだが原因は分からないのか・・・残念だ。

手塚先生はよく食べますなぁ。
睡眠が取れない分食事で栄養を補っていたのであろうか。
一人だけ普通についていけている古谷先生がいい感じ。

アニメ関係のこの手塚治虫の表情!!嫉妬深さが表に出ている。
実に手塚治虫らしい表情と言えます。怖い。
それでもちゃんと勉強して身に付けようとする姿勢はさすがである。

結婚式場でもドタバタする手塚治虫。
スタッフだけでなく結婚する本人まで描いてるのかよ!!
いや実際よく恋愛や結婚している間があったものであるなぁ・・・

創作秘話も次回で最終回。どんな終わり方となるのか・・・
このまま終わるのも勿体ないし、秋田編集部物語でも始まらないものかね。
壁さんや阿久津さんのエピソードなど色々と見てみたいものである。

・別冊 木曜日のフルット
相変わらず鯨井先輩はそのネームプレートつけているんですね。
例のサービスはまだ続けているのだろうか。
しかし茶碗蒸しが出るラーメン屋か・・・悪くはないな!!


次号からはひらいたけし先生のこんかつちゅうが新連載開始。
ハダカノタイヨウと創作秘話が終わるわけですし、色々と連載も始まりそう。
さすがに創刊から1年もたつと入れ替えが出てくるものでありますな。
そして付録はみつどもえレジャーシート
ついにクローズと創面以外の付録が出始めた!!いい傾向である。
もっと色んな作品の付録が出てきてくれると嬉しいですなぁ。


拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク
最新コメント
[02/14 じん]
[02/14 蒼天紳士]
[02/11 じん]
[02/11 じん]
[02/06 蒼天紳士]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
蒼天紳士
HP:
性別:
男性
自己紹介:
好きな漫画雑誌は少年チャンピオン。
好きなゲ-ムジャンルはシューティング。
好きなアナログゲームはTRPG。
そんな一般人な管理人。

Twitterアカウント:@soutenshinshi
カウンター
広告
-
フリーエリア

ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 蒼天紳士録 All Rights Reserved